AUTOart 1/18 トヨタ 2000GT ワイヤースポークホイール バージョン (ホワイト)

日本のモータリゼーション黎明期の1967年に登場してから50年あまり。『トヨタ 2000GT』は当時最先端の高性能メカニズムと流麗なスタイリングで日本が世界に誇る本格的スポーツカーです。そして、人気映画「007は2度死ぬ」にボンドカーとして登場したことでも世界的に有名です。約3年という短期間にわずか337台のみを生産、価格は当時の国産高級車の代表「クラウン」が2台買える程の238万円と、超希少な高級車でもありました。今回、オートアートのラインナップの中でも圧倒的人気を誇り、2003年の発売以来ロングセラーを続ける1/18スケールモデルを一から見直し、最新技術によって全く新しく生まれ変わらせました。取材では愛知県の「トヨタ博物館」の協力を得て実車を3Dスキャニングし新規金型を製作。シャープなラインを実現可能な「オートアート・コンポジットダイキャストモデル」の利点を活かし、より実車に正確なボディ形状を再現することに成功。ダイキャストボディでは不可能な、可動部や各パネルの完璧なチリ合わせが可能となりました。また、膨大な資料検証をはじめ、多くの情報を集め細部に至るまで徹底的にリアルさに拘って作り込みました。『ワイヤースポークホイール バージョン 』では、『2000GT』発売2年前の1965年の東京モーターショーで鮮烈なデビューを飾った、プロトタイプに装着されていたセンターロックタイプの美しいホイールをイメージし、細かなスポーク部分もリアルに再現しています。繊細な開閉ヒンジを使ったボンネットを開けると、150PSを発揮する2リッター直列6気筒DOHCエンジンやラジエーターなどの補器類、ボンネット裏の点検灯まで忠実に再現。フェンダー両横のサービスリッド内には、運転席側にバッテリー、助手席側にはエアクリーナーとウォッシャー液タンクを再現しています。インテリアでは、2000GTの特徴でもある美しいウッドパネルの質感や、各メーター類の文字盤、ドア内張り、カーペットやフロアマットも再現。リアのトランク内にもカーペットを敷きつめ、リアハッチのロックにはマグネットを使用し確実に固定することができます。X型バックボーンフレームやサスペンションなどが観賞できるボディ底面も余すところなく再現。表情を一変させるリトラクタブルヘッドライトは、底面のレバー操作で開閉が可能です。

▼『オートアート・コンポジットダイキャストモデル』は、ボディには独自配合した「ABS」を、インナーボディには「ダイキャスト」を採用。それぞれの素材の利点を最大限に生かし、ダイキャストモデルに劣らない高剛性と重量感を実現しながら、目の覚めるようなリアルでシャープなボディラインの再現と、ダイキャストボディ以上に正確なチリ合わせやパーツ開閉を可能にした「全く新しい」革新的モデルカーです。
型番 778754
販売価格
24,624円(内税)
購入数