AUTOart 1/18 ケ−ニグセグ One:1 (マット・ブルー/カーボンブラック/ホワイト)

ケーニグセグ社の創業20周年を記念して作られ、2014年のジュネーブモーターショーで発表された『ケーニグセグ One:1』は、「アゲーラ」をベースに開発された究極のエボリューションモデルです。軽量なカーボンファイバーシャシーのミッドシップに搭載される自社開発した最高出力1360PSの5リッターV型8気筒ツインターボエンジンは、環境に配慮したE85バイオ燃料、レース燃料、ガソリンのどれでも走行が可能。そして、0-100km/h加速2.6秒、0-400km/hまでがおよそ20秒、最高速度440km/hの驚愕のパフォーマンスを発揮します。『One:1』という名前は、最高出力1360PSに対し車重が1360kgの「パワーウェイトレシオ 1:1」に由来。また、そのパワーがちょうど1メガワットに当たることから、ケーニグセグでは量産車世界初の「メガカー」と呼んでいます。オートアートでは、プロトタイプ1台を含むわずか7台のみが製造された希少なスウェーデンのハイパーカーをモデル化しました。空力性能を追求したエクステリアデザインやエアロパーツの数々、リアの2本のシャークフィンやモデルでも可動が楽しめるアクティブ・リアウィングなどもリアルに再現。フロント19インチ・リア20インチのセンターロック式カーボンホイールと特別に開発されたミシュランカップタイヤ、前後カーボンセラミックブレーキといった足回りにも拘っています。そして、リアカウルを開けると広がる、まるでレーシングカーのような複雑なエンジンルームとリアサスペンション、個性的な開閉方法を採る「ラプタードア」などフル開閉モデルならではの見どころが満載です。また、実車では固定式ながら、モデルでは取り外し可能なルーフを採用。軽量レーシングシートを配置しカーボンで覆われたインテリアも観賞しやすくなっています。

▼『オートアート・コンポジットダイキャストモデル』は、ボディには独自配合した「ABS」を、インナーボディには「ダイキャスト」を採用。それぞれの素材の利点を最大限に生かし、ダイキャストモデルに劣らない高剛性と重量感を実現しながら、目の覚めるようなリアルでシャープなボディラインの再現と、ダイキャストボディ以上に正確なチリ合わせやパーツ開閉を可能にした「全く新しい」革新的モデルカーです。
型番 79018
在庫状況 問屋在庫があればお取り寄せいたします。国内で無い場合は、海外からもお探しします。
購入数
Soldout