AUTOart 1/18 ランボルギーニ チェンテナリオ ロードスター (マット・メタリック・シルバー)

2016年3月のジュネーブモーターショーで初公開された、イタリア語で「100周年」を意味する『ランボルギーニ チェンテナリオ』は、創設者「フェルッチオ・ランボルギーニ」の生誕100周年を記念して開発されたスーパーカーです。全世界でクーペが20台、ロードスターも同じく20台の計40台のみが限定生産される価格およそ2億円のワンオフモデルで、発表と同時にその全生産予定分が完売したことが大きなニュースとなりました。「アヴェンタドール」のメカニズムをベースに、エアロダイナミクスやシャーシにも最先端技術をフルに投入。ボディは、モノコックをはじめ外装パーツや室内トリムも含め全てカーボンファイバー製とし、クーペで車重1520kgと大幅に軽量化されました。リアミッドには、ランボルギーニ史上最もパワフルな770hpを発生する自然吸気6.5リッターV型12気筒エンジンを搭載し、0-100km/h加速2.8秒、最高速度は350km/h以上を記録します。オートアートでは、特別なオーラを放つ斬新なウェッジシェイプのスタイルを実車に忠実に再現。ランボルギーニ・V12エンジン搭載モデルの伝統、シザーズドアや格納式リアウイングは可動し、エンジンフードも脱着が可能です。カーボン製ファンと組み合わせ熱を効果的に排出するようにデザインされた専用ホイール、カーボンセラミック製ブレーキ、大型リアディフューザーなどはもちろん、カーボンファイバーとアルカンターラのコンビネーションがスポーティなインテリアなど細部までリアルに再現しました。全4色。

▼『オートアート・コンポジットダイキャストモデル』は、ボディには独自配合した「ABS」を、インナーボディには「ダイキャスト」を採用。それぞれの素材の利点を最大限に生かし、ダイキャストモデルに劣らない高剛性と重量感を実現しながら、目の覚めるようなリアルでシャープなボディラインの再現と、ダイキャストボディ以上に正確なチリ合わせやパーツ開閉を可能にした「全く新しい」革新的モデルカーです。
型番 79116
在庫状況 問屋在庫があればお取り寄せいたします。国内で無い場合は、海外からもお探しします。
購入数
Soldout